ビジネスカレンダーの半休日追加アドオンについて

閉店時間
こちらのページで無料配布中のカレンダープログラム「ビジネス・カレンダー」はバージョン5.0から半休日追加アドオンを追加できるようになりました。

アドオンなしの初期状態で設定できる休日を「定休日」とこのページでは呼ぶことにします。
そしてこのアドオンを追加すると、「定休日」とは別枠での休日を設定できるようになります。これを「半休日」とこのページでは呼ぶことにします。
半休日

実際に使用する上では「定休日」や「半休日」の文字列は設定ファイル内で自由に変更することができるので、以下のような表示にすることも可能です。
8:00~17:00という表示
上記の文字列や半休日のセル(枠)の色は比較的簡単に変更できるようになっています。

それらの設定方法は後述の「半休日の文字列を変更したい場合」からの解説を、セル(枠)の色を変更したい場合は「半休日の色を変更したい場合」を参考にしてください。

現在の最新バージョンは2019年10月13日公開のバージョン1.0です。
各バージョンごとのアップデート内容については、このページ最下部の「アップデート履歴」に記載してあります。

半休日追加アドオン付きビジネスカレンダーのサンプル
このアドオンの初期状態では、カレンダー下の表示文字列は「半休日」になっています。

半休日追加アドオン付きビジネスカレンダーの管理画面サンプル
カレンダーのセル(日付の枠)を1回クリックすると定休日、2回クリックすると半休日、3回クリックすると元に戻るようになっています。
ユーザ名はtani、パスワードは0000です。

説明
以下の設置方法は、アドオンファイル一式の中に「ビジネスカレンダー半休日追加アドオンの設置手順.txt」というテキストファイルとして同梱されております。
アドオン購入前の方が参考にできるように、同じ内容を以下にも掲載しておきます。

0、まずアドオンファイルを使用する前に、zipファイルを丸ごとコピーしてバックアップ保存しておくことをおすすめいたします。

1、zipファイルを展開します。

2、ビジネスカレンダー本体にあるaddonフォルダの中に、halfdayフォルダを入れます。

管理画面については設置作業は以上で完了です。
管理画面にアクセスし、半休日が設定できるかの確認してみましょう。

上記までの設置作業をしただけでは、公開ページのカレンダーの半休日のセル(枠)は青色になりません。
あとは以下のようにしてCSSを読み込ませる必要があります。

4、halfdayフォルダの中に「index(差し替え用).html」というファイルがあります。
これをビジネスカレンダー本体の最上位階層にあるindex.htmlと差し替えると、公開しているページのカレンダーの半休日のセルが青色に変わります。

または、以下のコードをindex.htmlに追加しても同じです。

<link rel="stylesheet" href="business-calendar/addon/halfday/halfday.css" />

または、上記のhalfday.cssの内容をビジネスカレンダー本体にあるbusiness-calendar.cssに追加しても同じです。
つまり、このようなCSSが適用されればOKということです。

設定は以上です。
公開しているページにアクセスし、半休日のセルが青色になっているか確認してみましょう。

このアドオンを組み込んだ初期の状態では、半休日のセル(枠)は青色で表示されます。
これはCSSによって設定しているだけですので、別の色に変更したい場合はアドオンフォルダの中にあるhalfday.cssの中の以下の部分で変更できます。(以下は緑色にする例)

div#business-calendar table td.halfday {
  background: rgba( 0, 0, 255, 0.1 );
}

つまり、半休日のtd要素にはhalfdayというクラス名が付加されているとお考えください。

具体的にHTMLソースを確認したい場合は、ブラウザでカレンダーの元ファイルであるindex.php( business-calendar/php/index.php )にアクセスすれば、カレンダーのソースを確認することができます。

「半休日」の文字列を変更したい場合は、同梱のhalfday-config.phpの中で変更することができます。

初期状態(このアドオンなし)の状態に戻すには、上記の設置手順3でaddonフォルダに入れたhalfdayフォルダごと削除することで戻ります。

ビジネスカレンダーにはこれの他にもアドオンが存在します。
それらすべてのアドオンと併用することができます。

電卓
価格は5,000円(税抜)となります。
設置メールサポートがついておりますので、ご自身で設置をする際につまづいた際にはご質問ください。

注意:設置メールサポートは「アドオンの設置」に関しての質問のみとなります。
ですので、アドオンなしの初期状態のビジネスカレンダーが正常に動作している上でご購入ください。
また、カスタマイズに関してのご質問は有償メールサポートを別途お申し込みください。

ご購入は以下からどうぞ。
ペイパルと銀行振込でのお支払いの場合は、料金のお支払いをしていただき、その入金確認後にメールで添付にてお送りする形となります。
それ以外のクレジット決済の場合は、お支払い後にすぐダウンロードができますのでお急ぎの方にはおすすめです。

【ビジネスカレンダーの半休日追加アドオンのご購入】
ペイパルでご購入
お問い合わせページからお申込み(銀行振込)
STORES.jpは現在準備中です (決済後ダウンロード可能)
このサイトでご購入(クレジットカード決済) (決済後ダウンロード可能)

※ クレジット決済の注意点
上記のペイパルと銀行振込以外の場合は、お支払後にアドオンファイルをすぐにダウンロードできます。
このサイトでのクレジット購入の場合は入力必須な項目を最低限としている分、ダウンロードはそのセッション中(ブラウザを閉じるまで・または24分以内)にのみ可能となります。
再ダウンロードしたい場合は、お問い合わせページからご連絡くだされば、本人確認後にメール添付にてお送りいたします。

領収書
ご購入の際の領収書の発行を承っております。
PDFファイル形式なら無料。印刷して郵送の場合は手数料として1000円(税抜)が必要となります。

領収書をご希望の方は、お問い合わせページからご連絡ください。
購入の際に登録されたメールアドレスで本人確認ができますので、そのメールアドレスから送信してくださると対応がスムーズになって助かります。

注意
このアドオンは現時点ではビジネスカレンダー本体のバージョン5.0以降にのみ対応しています。
それ未満のバージョンには対応しておりませんので、ご注意ください。
(ビジネスカレンダー本体のバージョンは、admin.phpの冒頭あたりに記載してあります)

また、普通に使用していてプログラム上のバグ(不具合)があった場合には、追加料金なしでバグ修正を行いますので、そのような際にもご連絡ください。
(お客様の手によってJavaScriptファイルやPHPファイルを独自カスタマイズされている場合は除く)

(2018年6月23日改定)
アドオンは1つのご購入につき、1サイトで使用可能です。
(異なるドメインのページは、異なるサイトとみなされます)

例えば、1つのサイト内にアドオンを複数設置する場合は、アドオンの購入は1つでOKです。
しかし、複数のサイトにアドオンを設置する場合は、2つ目以降は再度アドオンを正規料金でご購入していただければ幸いです。

実際にプログラムを使用するのはアドオンを購入された方のクライアント(依頼者)のサイトだったりするわけですから、そのクライアントに正規の料金をお支払い願えればと思います。

【余談】
最近問題になった漫画村の一件と同じですが、制作者に正しく利益が発生しないと新たなモノを作る気がなくなってしまうのは仕方ないことだと思います。

ここ20年で本が売れなくなって本屋が減り、CDが売れなくなってミュージシャンの新曲リリースが減りました。
本の中でも漫画は今も売れているようですが、漫画村のようなサイトが普及すれば、20年後には漫画業界までもが今の音楽業界のようになっていたことでしょう。

私も顧客管理プログラムを作ったっきりでほとんどアップデートしないのは、このプログラムから利益が出ていないからなのです。(需要が少ないのが最大の原因です)
このようなプログラムは配布を終了させるかもしれませんだって意味ねえもん。(2018年7月23日:配布を終了しました)

ビジネスカレンダー本体とアドオンは適合するバージョンというものがあります。
どのバージョンが合うかは、アドオン販売ページの最下部にある「アップデート履歴」でご確認ください。

ですので、もしアドオン購入後にビジネスカレンダー本体をアップデートさせると、アドオンが古いバージョンのままのせいで正常動作しなくなる場合があります。

過去にアドオンを購入された方からご要望があれば、新しいバージョンのアドオンファイル一式をお送りいたしますので、お問い合わせページからお求めください。

その際には、現在お持ちのアドオンファイル一式をメール添付して私にお送りいただくことで、過去に購入したことの証明とさせていだきます。

2019/10/13 バージョン1.0 (本体5.0で動作確認済)
  • 公開。
提供サポートなど