ホームページの本来の意味や全体の捉え方

一般的に言われる「ホームページ」とは、正式には「ウェブサイト」といいます。
「ホームページ」というのは実は間違った呼び方なのです。

正確に言えば「ブログ」もウェブサイトの一種ということになります。
ツイッターやFacebookのようなSNSもウェブサイトの一種です。

例えて言うなら、ブログが「ウェブサイト亜種」、SNSは「ウェブサイト希少種」と言ったほうがわかりやすいでしょうか?
意味がわからない人は無視して結構です。

ホームページとは本来は何か?

みなさんがインターネット上のページを見る際に使うソフトのことを総称して「ウェブブラウザ」といいます。

  • WindowsのPCなら「Internet Explorer(インターネット・エクスプローラ)」
  • MacのPCやiPhoneなら「Safari(サファリ)」
  • Androidのスマホやタブレットなら「Google Chrome(グーグル・クローム)」

というブラウザが最初からインストールされています。
例えば、Windowsに最初から入っているインターネット・エクスプローラを起動すると、ウインドウ右上のほうに家のマークのアイコンがあります。
インターネット・エクスプローラ
「ホームページ」の本来の意味は、このボタンを押したときに表示されるページのことをいいます。

ボタンを押したときに表示するページはブラウザの設定から変更することができます。
ホームページの設定

ウェブサイトの構造の捉え方

インターネット上の1つ1つのページのことを「ウェブページ」と呼び、その集まりが「ウェブサイト」です。
ウェブサイト概念図
各ページにあるリンクをクリックすることによって、それぞれのページを行き来することができます。

どのページまでを1つのウェブサイトと捉えるか?

さて、次に問題になるのは「どのページまでを1つのウェブサイトに捉えて良いか?」という点です。
例えば、今ご覧になっているこのページ内には私のブログへのリンクがあります。
ブログへのリンク

これをクリックすると以下のようなページが表示されます。
谷元博のブログ
結論から言ってしまえば、これは別のウェブサイトになります。

  • 色やレイアウトのデザインが違うから「別のサイト」という扱いになるわけではありません。
  • 新しいウインドウやタブで開いたから「別のサイト」という扱いになるわけではありません。

答えを言うと、所属しているドメインが異なると「別のサイト」になります。

ドメインとは何か?

ドメインとはインターネット上での住所のことであり、わかりやすい表現で言うと「ホームページアドレス」のことです。
この「ホームページアドレス」という呼び方も、上で説明した「ホームページ」と同じように厳密には間違っています。

例えば、今表示されているこのウェブページのURLは「https://www.1-firststep.com/archives/1256」ですね。
使っているブラウザによってはウインドウ上部のあたりに表示されているかもしれません。

そして、このウェブサイトのトップページのURLは「https://www.1-firststep.com/」になります。
この「1-firststep.com」がドメインです。
このドメインに属しているウェブページはすべてこのウェブサイトの一部ということになります。
レイアウトや色などのデザインを変えたり、別のウインドウやタブで開くようにしたりするのは、別サイトであることをわかりやすくするためでしかないのです。

そのような理由から、先ほど紹介した私のブログのドメインは「firstsync.net」ですから別ドメインになるので、別のウェブサイトということになるのです。

サポートBBS

サイト内を検索
サイト運用事例
ダウンロード

ダウンロード一覧へ

Web制作のブログ

ブログ記事一覧へ

カテゴリ別
制作者の詳細
  • 谷元博のブログ
  • Google+