競合他社のサイトのアクセス数を調べる方法

競合他社のサイトのアクセス数を調査するには数年前まではAlexaというサイトで調べるのが一般的でしたが、Alexaはその精度に欠けるところがあってあまり役に立っていませんでした。

最近ではそれに変わるサービスとしてSimilarWeb(シミラーウェブ)というサイトがあり、見やすく精度が比較的良いということで注目を集めています。

シミラーウェブ公式サイト
SimilarWeb
http://www.similarweb.com/

使い方に関しては迷う点はなく、調べたい競合他社のURLを入力するだけです。
それによって測定されるアクセス数の数値は「当たらずとも遠からず」と言えると思います。
このサイトによって測定されるアクセス数は「そのドメインに属するすべてのページの合計・1ヶ月分」になります。

上場して知名度のある大企業でもない限り、世の中のほとんどの中小企業のウェブサイトはアクセス(見てくれる人)なんてほとんどない」という衝撃的な事実を知ることができるでしょう。
もちろん、アクセスのないサイトでは集客効果などありません。

では、以下に注意点や見方の説明をしていきます。

調査・測定するのはドメイン単位

調査・測定するのは基本的にドメイン単位です。

例えば、日本のヤフーのURLは「http://www.yahoo.co.jp/」というURLです。
この場合、yahoo.co.jpの部分をドメインと言います。

それに対し、ヤフーオークションのURLは「http://auctions.yahoo.co.jp/」です。
また、ヤフーニュースのURLは「http://news.yahoo.co.jp/」です。

上記のようなURLの形式は、ドメインyahoo.co.jpに対するサブドメインと呼びます。
yahoo.co.jpの一族という感じで捉えれば良いでしょう。

SimilarWebで調査・測定するのはドメイン単位、つまり上記の例の場合「auctions.yahoo.co.jp」や「news.yahoo.co.jp」単位ではなく、「yahoo.co.jp」の一族をまとめて測定することになります。

サブディレクトリもダメ

上に挙げた「サブドメイン」の他に「サブディレクトリ」という形式のURLがあります。

例えば、無料のブログサービスなどを利用すると、http://ameblo.jp/アカウント名というようなURL形式になる場合があります。(アメブロの場合)
このようなURLは、ドメインameblo.jpに対するサブディレクトリと呼びます。

サブディレクトリ形式のURLも上記のサブドメインと同じく一つ一つの測定はできず、ameblo.jp全体をまとめてでの測定ということになります。

SimilarWeb調査結果の見方

例えばSimilarWebでyahoo.co.jpを調べてみますと、以下のような結果画面になります。
シミラーウェブでヤフーを調査

画面を少し下にスクロールさせると以下のような表示があります。
アクセス数表示
この「visits」というところがアクセス数です。(※追記参照)

396.50M」と表示されていますね。
Mというのはメガの略で、1Mは1,000,000を意味します。
つまりYahooのアクセス数は3億9650万アクセスということになります。
この表示の少し上にあるように、これはJuly, 2015(2015年7月)分です。

サイトによってはKと表示される場合がありますが、Kはキロの略であり、1Kは1,000を意味します。

後日追記:visitsは正しくは「訪問者」、つまり「セッション数」を表しているらしいです。(ユニークユーザーという説もあり)
「セッション」や「ユニークユーザー」が何を表しているかは「アクセス解析(Googleアナリティクス)を導入してまず最初に見るべき箇所」をご覧ください。

しかし、今までに私がアクセス解析を設置しているいくつものサイトをSimilarWebで測定したところ、「visits」の数値はページビュー数(一般的にアクセス数と呼ばれるもの)に近いものが多かったため、このページでは「visits」をページビューとして扱っています。

ランキング以外が表示されない場合

アクセス数が少ないサイトだと以下の画像のようにランキング以外が表示されません。
NOT ENOUGH DATA

このような場合は、ランキングの数値を調べたい2サイト間で比較し、どちらが多いか・少ないかを判断することしかできません。
Country Rank

私が自分で管理しているサイトはいくつもありますが、それらのサイトにはすべてアクセス解析を設置していますから正確なアクセス数を把握しています。

それらのサイトをSimilarWebで試した結果、1日のアクセス数が10もないサイトは上記の「Country Rank」の数値が500,000より低いランク(大きい数値)になります。(2015年8月現在)
1日のアクセス数が30~50ぐらいのサイトは「Country Rank」の数値が100,000~300,000ぐらいのランクになります。(2015年8月現在)

まぁでも、このようなランキングとアクセス数の関係性は常時変動していくと思われるので、現実には比較したい2サイトのランキング数値を比較して推測するぐらいしかできないでしょう。
どちらにしても、測定結果が出ないということは大してアクセスはないのです。

添付ファイル機能付きメールフォーム

サイト内を検索
サイト運用事例
ダウンロード

ダウンロード一覧へ

Web制作のブログ

ブログ記事一覧へ

カテゴリ別
制作者の詳細
  • 谷元博のブログ
  • Google+