GoogleカレンダーAPIキーの取得方法を解説

祝日の国旗
このページではGoogleカレンダーのAPIキーの取得方法を解説いたします。

「APIとは何か?」がわからなくても問題ありません。
APIを利用することで、他のWebアプリと機能を連携させることができるのです。
その際に必要になる認証キーがAPIキーです。

何のためにAPIキーが必要になるのか?

今回取得する「GoogleカレンダーのAPIキー」が何のために必要かといいますと、例えば以下のページで無料配布しているカレンダープログラムの場合、初期状態のままでは祝日は赤字で表示されません。
営業日や定休日を表示するカレンダーの無料ダウンロード

昔は成人の日は「1月15日」だったのが今は「1月の第2月曜日」であったり、4月29日は「みどりの日」だったのが今は「昭和の日」であったりと、祝日というのは法律の制定によってたまに変更されることがあります。

そのような変更があるたびに上記のような既存のプログラムを修正するのは面倒なため、どこかのWebサービスが提供している「祝日配信システム」のようなものを利用し、それをプログラムに適用する形を採るのです。
そうすればそのWebサービスが存続している限りは、プログラム側の修正が必要なくなるため、大変便利です。

そのWebサービスの1つがGoogleカレンダーであり、そのデータ取得のために必要な認証キーが「GoogleカレンダーのAPIキー」となります。

APIキーの取得手順

GoogleカレンダーAPIキーの取得には、Googleアカウントが必要になります。

Googleアカウントを1つ持っておくと、Googleマップで場所をお気に入り登録できたり、スマホなどでは容量無制限のGoogleフォトアプリが使えたりと、何かと便利です。
持っていない方はこれを機に取得しておいても損はありません。

Googleアカウントの取得は以下からどうぞ。
https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja

GoogleカレンダーAPIキーの取得のため、ログイン後に以下のページにアクセスします。
https://console.developers.google.com/start

すると、以下のような画面になります。
Googleデベロッパーコンソール
Googleのサービスはよくアップデートされるため、この画面以降は時期によって細かな部分が多少変わったりする可能性があります。
しかし「APIキーを取得する」という全体の流れは変わらないため、多少違う部分があっても上手く解釈して進めてください。

検索窓に「calendar」と打ち込むと、Google Calendar APIが出てきますので、それをクリックします。
APIを検索

次に「認証情報を作成」のボタンを押します。
認証情報を作成

すると「この手順をスキップして、API キーを取得できる」と書いてあるので、そこをクリックします。
手順をスキップ

次に「名前」と「キーの制限」を設定します。
キーの制限の設定
名前」の欄は何でもOKです。自分がこの管理画面でわかるように適当に名付けておきましょう。

キーの制限」は多少重要です。
がしかし、最初は制限なしで設定しておき、プログラムが正常動作するのを確認したうえで制限をかけると無難でしょう。
記入方法は後述します。

上記の設定が終わり、「作成」ボタンを押すと以下のような画面になり、APIキーが発行されます。(赤く塗りつぶした部分にAPIキーが記述されています)
APIキーの発行
APIキーをコピーしておき、「キーを制限」をクリックして設定を終了します。

「キーの制限」をかける理由と記入方法

キーの制限を設定しておかないと、今回のAPIキーが外部に漏れた場合、第三者に自由に使われてしまいます。
今回取得するカレンダーAPIキーが他人に使われた際に、どんな問題が起こり得るのかは不明ですが、念のために設置するドメインを設定しておきます。

参考までに私のケースを書いておくと、このサイトのドメインは「1-firststep.com」なので、以下のように記入しました。(上の画像内の記述は間違っています)

*.1-firststep.com/*

この場合の*マークは「アスタリスク」といい、「何らかの文字列」を意味します。

このページの最初に紹介したカレンダープログラムは、取得したAPIキーをPHPファイルに記述する方式であるため、どちらにしても外部から見ることができません。
だからキーの制限をする必要がないかもしれません。

もしこれがPHPファイルではなくJavaScriptファイルに記述する方式だったら、他人から見ることができてしまうことになりますので、「キーの制限」はしておくほうが無難ということになります。

祝日自動設定アドオンを使用したサンプル

参考までに、カレンダープログラムに「祝日自動設定アドオン」を追加したサンプルを置いておきます。
この「祝日自動設定アドオン」を使用する際に、このページで解説したGoogleカレンダーAPIキーが必要になります。

ビジネスカレンダー表示ページのサンプル
https://www.1-firststep.com/samplephp/business-calendar-v2.0.2-festival-sample/index.html
管理画面のサンプル
https://www.1-firststep.com/samplephp/business-calendar-v2.0.2-festival-sample/business-calendar/php/admin.php
ユーザ名はtani、パスワードは0000です。

サポートBBS

サイト内を検索
サイト運用事例
提供サービス
メールフォーム

ダウンロード一覧へ

アンケートフォーム

ダウンロード一覧へ

BBS

ダウンロード一覧へ

その他おすすめ

ダウンロード一覧へ

Web制作のブログ

ブログ記事一覧へ

カテゴリ別
制作者の詳細
  • 谷元博のブログ
  • Google+