新しいフォント・メイリオを使う

Windows Vistaから新しい日本語フォントが使われるようになりました。
メイリオ」というフォントです。
WindowsXPまでは「MS P ゴシック」というフォントが標準で使われています。

一目でわかるように画像を用意しましたので、見比べてみてください。

可読性が明らかに違っていますね。
このサイトでは、サイト側でフォントをメイリオに指定していますので、メイリオが最初から入っているWindows Vistaのパソコンをお使いの方ならば自動的にフォントはメイリオで表示されているはずです。(2枚目の画像)
しかし最初にお話したように、メイリオというフォントはWindows Vistaから正式採用されたフォントですので、それ以前のWindows XPまでのパソコンには入っていません。
なので、WindowsXPまでのパソコンをお使いの方には、このページはそれまでの標準フォントであるMS P ゴシックで表示されているのです。(1枚目の画像)

メイリオは大変綺麗なフォントで可読性も上がるために、表示できないのはもったいないといえます。
>Windows XPのパソコンをお使いの方はメイリオをインストールして使ってみましょう。

  1. マイクロソフトのこちらのページからダウンロードできますので、まずはダウンロードします。
  2. ダウンロードをしてパソコンへのインストールが完了したら、ブラウザを起動します。(ブラウザというのはインターネットを見るためのソフトのことです。例:Internet ExplorerやFirefoxなど)
  3. Internet Explorerをお使いの方は、ウインドウ上のほうのメニューから「ツール」→「インターネットオプション」を開きます。
  4. オプション設定用の小さなウインドウが表示されるので、そのウインドウ内の下のほうにある「フォント」ボタンを押します。
  5. さらに小さなウインドウが現れるので、そのウインドウの中の「Webページフォント」というところで「MS P ゴシック」になっているのを「メイリオ」に変更してください。

これで、ブラウザの設定は完了です。このままインターネットを見ればフォントがメイリオになっています。
しかし、このままではフォントがザラついた表示になっていて見にくいかと思いますので、WindowsXPに搭載されているフォントを滑らかに表示する機能をオンにしなければなりません。
その手順を今から説明します。

  1. デスクトップ画面の何もないところで右クリックをしてメニューを出して「プロパティ」を選び、画面のプロパティの設定ウインドウを出します。
  2. そのウインドウの中の「デザイン」のタブを選びます。
  3. そして、ウインドウ内の右下のほうの「効果」ボタンを押します。
  4. 新たな設定ウインドウが現れますので、「次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする」のところにチェックを入れ、「Clear Type」を選びます。
  5. あとは「OK」のボタンを押してウインドウを順に消していきます。

これだけの作業で、これからインターネットの文章を読むのが大変楽になります。
視力の弱い方には特にオススメです。

補足1:Firefoxなどのブラウザ設定は説明を省きましたが、InternetExplorerよりも設定がわかりやすいのですぐに変更できるかと思います。

補足2:Clear Typeの設定をもっと細かく設定したい方はこちらのツールを使うとより細かく設定できます。画面のフォント周りがチラつく場合にお使い下さい。

【2008年に執筆】

サポートBBS

サイト内を検索
サイト運用事例
ダウンロード

ダウンロード一覧へ

Web制作のブログ

ブログ記事一覧へ

カテゴリ別
制作者の詳細
  • 谷元博のブログ
  • Google+