2021/09/07 サーバーのPHPバージョンを8.0にしました。
当サイトで配布・販売中の各プログラムは正常に動作しています。

コンテンツ・メーカー2のカスタマイズ方法の解説


HTMLやFTPがわからない一般の方でもページ内のコンテンツを追加・更新できるプログラムである「コンテンツ・メーカー2」のカスタマイズ方法についてこのページでは解説していきます。

サイト制作者(個人または法人)がクライアントに納品する際などにこのページの解説を参考にしてある程度のカスタマイズをしておくと、納品後にクライアントにとって使いやすいものになるかもしれません。

なお、このページの解説は初期状態での設置・動作確認が完了していることが前提となります。
設置完了後の管理画面は以下のようになっているはずです。(フォームを開いた状態)
設置完了後の管理画面

HTMLやCSSのコードを最低限でも大まかに理解でき、テキストエディタで編集・保存できるスキルが必要になります。

PHP(config.php以外)やJavaScriptのファイルはユーザーの人が編集する必要ありませんし、開発の際に想定しておりません。(編集したい場合は自己責任で実施してください)

保存の際の文字コードはUTF-8 BOMなしで保存してください。(すべてのファイル共通)
UTF-8 BOMなしでのファイル保存のやり方は「文字コードをUTF-8 BOMなし(UTF-8N)でファイル保存をする方法」のページを参考にどうぞ。


このページのカスタマイズでは主に contents-maker-2/html/ の中にある「form.html」を編集していきます。
このファイルがフォーム部分のHTMLになっています。

しかし、もし画像アップロードアドオンを追加している場合は上記フォルダの中に form-attachment.html というファイルが自動生成され、そちらが優先して適用されるようになっています。(これにファイル選択ボタンが追加されている)

ですので画像アップロードアドオンをお使いの方は、以下からの解説では form.htmlform-attachment.html に置き変えて読んでください。

必須や任意
必須や任意を切り替えるためには、コンテンツ・メーカー2フォルダの中にあるhtml/form.htmlを開きます。
例えば「コンテンツ2」を必須に変えたい場合は、form.htmlで以下のようになっている部分を、

<dt>コンテンツ2<span>Add to Contents</span></dt>
<dd><textarea name="contents-2" cols="40" rows="5" placeholder="この欄に入力した内容は <!--%contents-2%--> の部分に表示されます。"></textarea></dd>

以下のように変更します。(dd要素class=”required”を追加)

<dt>コンテンツ2<span>Add to Contents</span></dt>
<dd class="required"><textarea name="contents-2" cols="40" rows="5" placeholder="この欄に入力した内容は <!--%contents-2%--> の部分に表示されます。"></textarea></dd>

すると以下のように「コンテンツ2」が必須項目へと変わります。
入力必須の項目

「コンテンツ2」が必須になったことで、何も入力せずに送信ボタンを押すと以下のようにエラーメッセージが表示されるようになります。
エラーメッセージが表示される

初期状態では各項目名は「並び順」、「タイトル」、「コンテンツ1」、「コンテンツ2」になっています。
各項目名
これを変更したい場合は、コンテンツ・メーカー2フォルダの中にあるhtml/form.htmlを開きます。
例えば「コンテンツ1」の文字列を「感想」に変更したい場合は、form.htmlで以下のようになっている部分を、

<dt>コンテンツ1<span>Add to Contents</span></dt>

以下のように変更します。(「コンテンツ1」を「感想」に変更)

<dt>感想<span>Add to Contents</span></dt>

ついでに英語の文字列も変えたい場合は、以下のようにします。(「Add to Contents」を「Impression」に変更)

<dt>感想<span>Impression</span></dt>

すると以下のように変わります。
項目名を変更

それに伴い、エラーメッセージに使われる項目名も自動的に変わります。
エラーメッセージ

各入力欄の中には使い方のヒントになる文字列があらかじめ記入されています。
これはHTMLのplaceholder属性で実現している単純な仕組みです。
placeholderの文字列
この文字列を変更したい場合は、コンテンツ・メーカー2フォルダの中にあるhtml/form.htmlを開きます。
例えば「コンテンツ1」の入力欄の中の文字列を変えたい場合は、form.htmlで以下のようになっている部分を、

<dd class="required"><textarea name="contents-1" cols="40" rows="5" placeholder="この欄に入力した内容は <!--%contents-1%--> の部分に表示されます。"></textarea></dd>

以下のように変更します。(placeholder属性の値を変更)

<dd class="required"><textarea name="contents-1" cols="40" rows="5" placeholder="あたたたた"></textarea></dd>

すると表示は以下のように変わります。
placeholder属性値を変更
コンテンツ・メーカー2を組み込むサイトに合わせてわかりやすい説明文に変更すると良いでしょう。

提供サポートなど