ホームページ制作について

一般的に呼ばれるホームページやブログは総称して「ウェブサイト」といいます。
今このページを書いている2016年現在では大企業だけに限らず、中小企業や個人のお店なども自分のウェブサイトを持っていたりします。

しかし、その中で多くの人に見てもらうことができているサイトはごく一部だけなのが現実です。
これは私の個人的主観で言っているわけではありません。
そのあたりに関しては「アクセスのないサイトに価値はあるか?」のページなどで書いていますので、そちらをご覧ください。

「今時、ウェブサイトなんて素人の人でも作ることができる」という現在において、ウェブ制作の専門家である私がどのようなサイトを作ることにこだわっているかをこのページで述べてみたいと思います。
それはあなたが「私に制作を依頼して後悔しないかどうか?」を判断するための重要な指標になると思います。

ファーストステップに依頼しないほうがいい人

このページの最初に述べたように世の中のほとんどのサイトはアクセスがほとんどありません。
1日に50~100アクセス以下、人数にして1日20~50人以下のサイトが多いでしょう。
アクセス解析によってその結果の確認さえしていない運営者が多いのではないでしょうか。

私がウェブサイトを制作するうえで最も重要視し、こだわるのは、

アクセスやお問い合わせ、売り上げがどれだけ増えるか。

の一点に尽きます。
それ以外の点はすべて二の次だと考えています。
例えば、

  • 依頼者(クライアント)がサイトのデザインを気に入るかどうか?
  • クライアントが掲載したい写真が掲載されているか?
  • クライアントがお客に対して宣伝したいことがサイト内に書かれているか?

というようなことは重要視していません
そのような要望を言っていただくのは構いませんが、その通りにしない可能性もあります。(笑)
なぜ私がそのような要望を重要視しないかと言いますと、それが、

サイトを見る人(見込客や潜在客)が望んでいることではなく、依頼者(クライアント)の望むことだから。

です。
依頼者(クライアント)の要望通りにサイトを作ると、アクセスがない・増えないサイトに高確率でなってしまいます。(過去に何度も経験あり)
アクセスも毎日ほとんどなく、お問い合わせも来ないサイトになって困るのは私ではありません。依頼者(クライアント)自身なのです。

それでも「自分好みのデザインのサイトを作ってほしい」という方はぜひ他社に依頼をし、サイト公開後にアクセス解析の数値を毎日確認してください。
アクセスのない(見てくれる人のいない)サイトほど存在意味のないものはないのですから。

なぜアクセスのないサイトになってしまうのか?

なぜアクセスのないサイトになってしまうのか?
その理由は簡単です。客からすれば見ていて面白くもない内容のサイトになるからです。
企業やお店の宣伝しか書かれていないサイトをわざわざ見に来るのは関係者とファンだけです。

ウェブサイトがチラシやフリーペーパー、テレビCMなどと決定的に異なるのはその点です
チラシやフリーペーパーなどは●万枚配布されるということが事前に決まっていますので「見てくれる人がいる」という前提で作ればいいですが、ウェブサイトは「見てくれる人がいない(いたとしても既存客だけ)」という地点から考えなければいけません。

「明らかにウェブ制作のプロが作ったサイトだな」と思えるような綺麗なデザインの企業・お店サイトが世の中にたくさんある中、その80%程度のサイトでは毎日ほとんどアクセスがない、という現実を見ればその意味がわかると思います。

それが信じられない方は、綺麗なデザインの競合他社のサイトをSimilarWeb(シミラーウェブ)で計測してみてください。

ファーストステップに依頼すると幸せになれる可能性のある人

上で述べたように私が最もこだわるのは「アクセスが増え、お問い合わせが増え、売り上げが増えるか?」という点ですから、そのためにそれ以外の要望を切り捨てることができる依頼者(クライアント)であれば、期待に沿えるサイトになる可能性が高くなります。

そして、そのようなサイトにするために必須な要素がもう1点あります。
それは、

1ページにつき3時間ぐらいの時間と手間をかけてブログを継続して書いていける

という点になります。
これは毎日である必要はありませんが、頻度が高いほうが結果が出るまでの期間が短くなります。

お問い合わせが目に見えて増えるようにするためには、最低でも1日1000以上のアクセスがあるサイトに育てる必要があります。
そのために依頼者(クライアント)自身で時間と手間をかけてサイトを育てていき、多くの人が毎日見に来てくれるサイトにしてください。
そのためのサポートは惜しみません。

そして、そこから多くのお問い合わせを得られるようになれば、現在他の部分でかけている広告費をそのぶん減らすことができるでしょう。

サポートBBS

サポートBBS

サイト内を検索
アップデート情報

この「アップデート情報」欄はコンテンツ・メーカーを使用して更新・表示しています。

サイト運用事例
提供サポートなど
メールフォーム

ダウンロード一覧へ

カレンダー

これはビジネスカレンダーのサイト組み込みサンプルです。
サンプル管理画面から定休日の変更操作ができます。
ご自由にお試しください。(ユーザ名はtani、パスワードは0000です)

ダウンロード一覧へ

スレッド式BBS

ダウンロード一覧へ

レスポンシブBBS

ダウンロード一覧へ

新着情報欄の更新

ダウンロード一覧へ

その他おすすめ

ダウンロード一覧へ

Web制作のブログ

ブログ記事一覧へ

カテゴリ別