新着情報欄の更新システムについて

ホームページというものは「HTML」という言語でできています。
そのホームページを検索エンジンに上位表示させるための最低限の施策として「HTMLを構造的にも文法的にも正しく記述する。」という点が挙げられます。

しかし一般の方はHTMLの知識などは持ち合わせていないのが普通なので、HTMLの正しい記述の仕方を知りません。
それでも自分のホームページは自分で更新したいでしょうし、毎回プロに依頼することでその度に料金が発生するのは好ましいことではありません。

HTMLの知識がない人でも正しいHTMLで更新ができる

今回制作した新着情報欄の更新システム・Contents Maker(コンテンツメーカー)はホームページの中でも特に頻繁に更新されることが予想される新着情報欄をお客様側で自由に追加・修正・削除ができる簡易的なシステム(CMS)です。

HTMLの知識のない方がどのような内容を入力したとしても必ず正しいHTMLで新着情報欄が出力(更新)されるため、検索エンジン対策の面でも安心です。

また、一般的なCMSではWordPressやMovable Typeが有名ですが、これらは多くのユーザーに使ってもらうことを想定して作られているためにとても多くの機能があり、一般の方が実際に使う際にはそのメニューや項目の多さなどに迷うことが予想されます。

しかしこの新着情報欄更新システム・Contents Maker(コンテンツメーカー)は「新着情報欄」だけに特化したシステムなので、どんなにパソコンが不慣れな方でも迷うことなく使えます。

データベース不要。静的なHTMLサイトにも組み込むことができる

さらにちょっと専門的な説明になりますが、このシステムはデータベースを使用していないためほとんどのサーバーに設置することが可能です。

そしてPHPでできている動的なページだけでなく、HTMLでできているような静的な既存のページにも組み込むことができます。

サンプル

ここにサンプルを設置しておきますので、ぜひ一度お試しください。
ログインパスワードは0000です。
https://www.1-firststep.com/samplephp/contents-maker-ajax/contents-maker/php/

このホームページの新着情報欄が自由に更新できます。
https://www.1-firststep.com/samplephp/contents-maker-ajax/index.html

こちらのページで詳しい仕様の説明や販売をしています。

添付ファイル機能付きメールフォーム

サイト内を検索
サイト運用事例
ダウンロード

ダウンロード一覧へ

Web制作のブログ

ブログ記事一覧へ

カテゴリ別
制作者の詳細
  • 谷元博のブログ
  • Google+